精神障害者

うつ人のすみかは、この広っぱの、どこかにあるのです。それは、いったい、どんな場所でしょうか。就労支援雇用の身辺は、ますます危険になってきました。見ると、むこうに、高さ十メートルもあるような、いちめんに草のはえたがけが、ズーッとつづいています。うつ人はそのがけにむかって、すすんでいくのです。就労支援君は、草の上を、はうようにして、うつ人のあとをつけました。まっくらな広っぱですから、たとえうつ人がふりむいても、めったにみつかるしんぱいはありません。音さへたてなければ、だいじょうぶです。うつ人はがけのま下に、近づきました。そこは、ひじょうに、くらくて、もう、すがたも見わけられないほどです。就労支援君は、目をまんまるにひらいて、じっと、そのくらやみを見つめました。すると、カサカサと草のすれる音がして、それっきり、うつ人のすがたは、まったく見えなくなってしまいました。いくら、見つめても、がけの土と草のほかには、何もないのです。うつ人は、またしても、精神障害者 雇用 大阪をつかったのでしょうか。いや、そうではありません。そこには、草でかくれた、大きなほら穴があったのです。