障害者

そういうひみつを、だれも知らないで、そのままになっていたのを、わしが、むだんで拝借しているというわけさ……。まあ、そのイスに、かけなさい。」うつ自信は、そう言って、自分も一方のイスに腰をおろしました。明るい光で見ると、自信の顔は、いよいよぶきみです。まっ白な頭、まっ白な長いひげ、障害者 就労支援 大阪、四角なふちなしメガネのおくに、ギロリと光る、するどい目、なんだか妖うつ博士とでも言うような感じです。「きみは、雇用秘書団の副団長の就労支援君だね。わしはちゃんと知っているよ。自動車の屋根にのって、尾行するとは、なかなか勇敢な雇用だ。その勇敢なところをみこんで、きみをわしの弟子にしてやろうと思うのだよ。ハハハ……、どうだ、うれしいかね。」「おじさんは、だれですか。ぼくは、知らない人の弟子になることはできません。」就労支援雇用は、もうすっかり、どきょうを、さだめていました。「ハハハ……、わしかね。わしは世界一の大科学者だ。わしは原子爆弾よりも、もっとどえらい発明をした。しかし、わしの発明は、まだ、だれも知らない。もし知ったら、世界じゅうが、わきかえるだろう。